WEB予約 お問い合わせ

お知らせ

2017/03/24

狂犬病の予防接種の時期になりました

狂犬病の予防接種は日本の法律で毎年一回予防注射を受けるよう義務づけられている人畜共通伝染病です。

医療技術が進歩した現在でも狂犬病に対する治療法はありません。
狂犬病のウイルスは狂犬病に感染した犬の唾液から咬傷などにより感染します。実は狂犬病は犬だけの病気ではなく、人間も含めたすべての哺乳動物に感染します。感染して発症すれば致死率はほぼ100%という非常に恐ろしい病気です。
世界ではまだ狂犬病発生地域がありますが、日本では1957年以降発生していません。しかしこれは狂犬病予防接種の徹底と厳重な検疫により守られているからです。私は農林水産省勤務時代にも動物達の輸出入に関わっていましたが、世界中でこの検疫体制がしっかりとされています。

最近では美容室やドッグランでも狂犬病と混合ワクチンの両方の接種記録がないと利用出来なくなっています。
しかしこれら2つの予防接種の両方を一緒に接種することは出来ません。

当クリニックでは狂犬病予防接種とともに、フィラリア検査を実施して、2つの予防を同時に終わらせてしまうことをオススメしています。また、同時に1年に1回の血液検査も行えば1回の採血でフィラリア検査と血液検査の両方をすることも出来ます。

そしてこれら予防は実は家で出来てしまいます。
もうこれからは動物病院で長い時間待って、半日も使う必要はありませんよ!
飼い主様の貴重なお時間を無駄にはしません^^

  • エイトアニマルクリニック 院長ブログ
  • エイトアニマルクリニック instagram
  • エイトアニマルクリニック facebook
  • エイトアニマルクリニック LINE